企業ビジョン

  • 企業ビジョン「実現したい社会」
    コミュニケーション・インフラを創り
    医療の効率化、安全性向上に貢献する
企業ビジョン
  • 医療機関だけでなく、医療に関わる全てのステークホルダーにとっての課題
  • Dr.JOYは、医療機関で直面した多職種連携の煩雑さ・非効率さを改善したいと考え、もっと簡単に多職種が連携できる「コミュニケーション”ツール”」として開発をスタートしました。

    開発を進めていく中で、医療機関だけでなく医療に関わる全ての関係者との情報共有が非常に重要であることを認識し、単なるコミュニケーション”ツール”より広い「コミュニケーション”インフラ”」を創るべきだと捉え直しました。

  • その先に、僕らはどんなインパクトを残す?
  • 情報共有を「効率化」するだけではなく「効率化」を通じて「医療の質」を高め、結果として「安全性向上」に寄与することを目指しています。

  • JOYSOPHY
    大切にしたい価値観
  • JOYSOPHYはDr.JOYとPhilosophyを組み合わせた造語です。
    JOYSOPHYはDr.JOYの従業員が大切にしていきたい「価値観」となります。

大切にしたい価値観
  • 改善!カイゼン!KAIZEN!
  • 私たちは過去・現在を改善し、より良い未来を創ることを大切にします。

    スタートアップはリソースが無限にあるとはいえません。そのため、できるだけ単純作業をなくし、一人ひとりがクリエイティブな仕事を生み出せる環境を作っていきたいと考えています。今取り組んでいる事は本当に最善の策なのか?もっと良い手段は無いか?そして、その改善は何のために行うのか?未来へ向かう道は何通りもあります。その中でも最善の道で行くためには、「改善」が必要不可欠です。

  • Why?を考える
  • 私たちは物事の本質を捉え、常にWhy?を考えながら行動します。

    これには「物事の本質を捉える」「深掘りする」という意味があります。一つの仕事をこなすとき、ただ表面的に進めていくのではなく、その仕事が生まれた過程や繋がり等、背景を読み解いていくことで次にどのような行動を取れば良いのか予測が出来るようになります。処理する仕事から、次を予測する仕事スタイルへ。これは主体性を生むひとつのきっかけになると考えています。

  • 相手の立場に立って考える
  • 私たちは、相手の立場に立って接することを大切にします。

    社会人として当たり前ですが、これは考えれば考えるほど、難しいことです。Dr.JOYは職種間の隔たりなく助け合いの精神を持った組織でありたいと考えています。例えばミスがあったらもちろん指摘するべきですが、その指摘が攻撃的ではなく、建設的であり、次に進めるキッカケになることが大切です。そこで必要になってくるのは「まず相手の立場になって考える」この姿勢です。

  • 健康JOYしてる?
  • 私たちはどの会社よりも健康をエンジョイします!

    Dr.JOYは医療業界に革新を起こす企業として、日々挑戦をしています。そんな我々自身が健康であることは、非常に大切です。ただ健康づくりを行うでは、長続きしません。会社として様々な施策を試み、健康になること自体を楽しめるような制度を作っていきたいと考えています。