代表メッセージ

代表メッセージ
スタッフが生き生きと働く病院をつくる

  • はじめまして! Dr.JOYの代表・石松宏章です。私が何故Dr.JOYを作ろうと思ったのか、Dr.JOYで医療業界にどう貢献していきたいのかをお話します。
実家の石松内科
  • 生い立ち
  • 私は大分県の田舎町にある開業医の元に生まれ、幼い頃から病院は身近な存在でした。実家は小さな診療所だったので院内のコミュニケーションは比較的上手くいき、患者さんとも距離が近く、私にとっては“理想的な環境”でした。

    ところが医師になり大きな病院で働きだすと、スタッフ間のコミュニケーションが上手くいかずにギスギスしていました。

メッセージ画像
  • 研修医時代に感じた、大病院ならではの難しさ
  • 東京医科大学を卒業後、東京女子医科大学病院で研修を受け、2年目には研修医会長という役職を拝命して院内の様々な運営会議に出席するようになりました。

    この時期から大学病院という“組織”に興味を持ち始め、大病院ならではの問題と非効率な運営に疑問を覚え始めました。

メッセージ画像
  • 離職率の高さ、非効率な会議の運営、廊下で待ち続けるMRさん。全ての問題の根幹は?
  • 退職理由で圧倒的に多いのは職場の人間関係で、これはちょっとしたコミュニケーションミスから発展します。院内会議の内容が各部署の末端のスタッフに伝わらないのも、MRさんと効率的な面談が実現できないのも、情報共有を支える仕組みがないことが原因だと結論づけました。

メッセージ画像
  • チーム医療を支援して、スタッフのパフォーマンスを最大化させる
  • 私はコミュニケーションを軸に病院にまつわる諸問題を解決していきたいと考えています。これは病院にとっても、製薬企業にとっても、ひいては医療業界全体にとっても価値のある活動だと信じています。

    是非、私たちと一緒に“今度こそ”病院に情報革命を起こしていきませんか?時間はかかるかもしれませんが、熱意があればきっと周りの方々も理解してくれ、協力してくれる人も現れます。私たちも全力でサポートをさせていただきます。